2月16日:豪ドル/円

4時間、陽線十字で昨日朝の高値93.04から切り下げ。昨日のイメージでは92.50付近から下落してくると見たが、東京時間に大きく下落したもののラウンドナンバー92.00付近で跳ね返って上昇し昨晩の高値を超えてきた。
しかし92.73を付けて上げ止まった様子で30分陰線となり10MAを下に割り込み、1時間も陰線になってきた。
となるとこの後4時間も陽線十字から陰線となって下落に向かってくると考える。
30分75MA・100MA横ばいでレンジ相場。ダブルトップの形から右側下落になってくるイメージで、左の安値ラウンドナンバー92.00付近まで下げてくると考える。
ならば、レートが上がってきたところから売っていく。

1回目:
トレード開始前からラウンドナンバー92.50付近で下げ止まって揉み合っていたレートはじりじりとラウンドナンバー92.50を下に割り込んできた。
すぐ下に30分100MAがあるが恐らくは下抜けていくと見て、レートが上がってきて5分10MAタッチで再び下がり始めた辺りから売りエントリー。
21:23 92.49 売り
21:42 92.40 決済 +9pips(19分)
レートは30分100MAを割り込んで75MAも下抜けてくる様子のため5分左の本日12時過ぎの安値付近を見ていたが92.38まで下がって上がり始めてきたため30分75MAで跳ね返ってくると見て決済。

2回目:
22時半米指標を待っている間にレートはラウンドナンバー92.50付近まで上がってきた。
米指標で5分左の安値を割り込んだところから下落は続くと見て上がってくるのを待っていると、ラウンドナンバー92.50付近まで上がってきた辺りで下がり始めたため売りエントリー。
22:33 92.474 売り
22:47 92.287 決済 +18pips(14分)
ラウンドナンバー92.25辺りまで下がるだろうと見ていたところ、92.26を付けて上がり始めたため戻してくると見て決済。

3回目:
23時、レートは揉み合いから5分陽線となって上がってくる様子。5分75MAとの乖離が開いているため上昇に向かってもおかしくはないが、30分レンジの下落中であり米指標で安値方向に動いたところ、5分は売りのパーフェクトオーダーとなると高値を高値を結んだトレンドライン辺りで跳ね返って下がってくるはず、と考え適当な辺りに下落トレンドラインを引いてみる。
レートは揉み合いから5分10MAを上抜けて上昇してきたが引いてみたトレンドライン辺りで上げ止まった様子。
5分左にはプライスアクションの跡もあるため下げてくると見て売りエントリー。
23:12 92.412 売り
23:24 92.276 決済 +13pips(12分)
ラウンドナンバー92.25まで下がると見たが僅かに届かず下げ止まってきたため跳ね返りを警戒して決済。レートはその後一旦戻してから92.23まで下げた。

3回目の後はラウンドナンバー92.25付近で揉み合いから上がってくる様子だったためチャートを見ているだけとしましたが、引いてみたトレンドライン付近まで上がって下げてくると、0時過ぎて一気に下落してきました。
結局当初のイメージ通り30分左の安値までは下がってきました。

今週合計 +170pips(豪ドル/円+107pips ポンド/円+63pips)
2月累計 +403pips(豪ドル/円+316pips・9日 ポンド/円+87pips・2日)
さっ次!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バイク業界従事者。
国家資格・二輪二級整備士免許、大型二輪免許を所持し、如何にして楽しく走るバイクになるかを、整備・調整・カスタマイズで探し求めていたが、体力の限界と資金不足から新たな構想を模索。
視野を広げ、投資を通じて日常生活から生き方まで思考を変えて不相応な野望を思い描きはじめた。
資金を作るために長時間拘束されず効率が良くシンプルな手段が良いと考えた末に、FXスキャルピングを選び取り組んでいる。

目次